京都府長岡京市の歯科・歯医者「おだに歯科クリニック」の虫歯と脳出血の関係性を伝えるページです。

文字サイズ
  • ご予約・お問い合わせ075-925-9959 9:00~13:00 / 14:00~18:00(休診日:日・月・祝)
    ※休診日は学会・セミナー等で変更となる場合がございます
  • ご予約・お問い合わせ

MENU

虫歯は命とは直結しない?

「歯の痛みがなくなったから放っておいた」

「お口の問題は痛みがない限りは命に関わるわけでもないから・・・」

そのようなお声を耳にすることがあります。

今回は「虫歯と全身の関係性」について少し書かせて頂きます。

虫歯は細菌感染症であり、「ミュータンス菌」という菌が虫歯の原因となります。

そのミュータンス菌は、止血に作用する血球である血小板の作用を抑制することが分かっており、

これが原因で「脳梗塞」や「心筋梗塞」など命に関わる病気のリスクが高まると言われています。

ミュータンス菌は日本人の70%が保菌していると言われています。

さらにミュータンス菌の中でも、特殊な遺伝子をもつ特殊な菌を保菌している人は、脳出血のリスクが約4倍になると報告されています。

また、虫歯を長期間放置すると、歯髄壊死(神経が死んでしまうこと)が生じ、さらにその感染が広範囲に及ぶと、場合によってはお鼻の領域に「副鼻腔炎」や顎の骨を腐敗させる「骨髄炎」などの大きな問題にもつながる可能性があります。

炎症を起こした血管からは菌が侵入し、やがて本来血液中にいるはずのない細菌が血管内にいる状態である「菌血症」になります。

そして身体がうまく菌を排除できない場合は、炎症が全身に広がり、その結果、重大な臓器障害が起きて重篤な状態である「敗血症」に移行し、最悪の場合死に至ります。

過去に、若くして虫歯を放置したことが原因で亡くなった方も報告されています。

お口は身体への入り口です。

虫歯の治療は全身の健康にもつながり、歯磨きは虫歯の予防だけではなく全身の病気の予防にもつながるということが言えます。

過去に虫歯の治療を行われていて、虫歯がないからと安心されている方も要注意です。お口の中に虫歯がなくても虫歯菌はいます。

お口の健康だけでなく病気予防のためにも、いつもお口の中を清潔にお手入れすることが大切になります。

虫歯のほか、「歯周病」も全身との関係性は多くの報告がされております。「お口の健康を守る価値」という記事の中でもご紹介しておりますので、ご参考にしてください。

    お口の健康を守る価値>>>

関連記事

  • Category

  • 人気記事(閲覧数)

  • Archive

  • to top