京都府長岡京市の歯科・歯医者「おだに歯科クリニック」の金属アレルギーに関するページです。

文字サイズ
  • ご予約・お問い合わせ075-925-9959 9:00~13:00 / 14:00~18:00(休診日:日・月・祝)
    ※休診日は学会・セミナー等で変更となる場合がございます
  • ご予約・お問い合わせ

MENU

金属アレルギーのお話

近年、金属アレルギーによって、お身体に様々な異変を起こしている方が増えております。

金属アレルギーとは金属から発生する金属イオンが原因で、お身体に様々な悪影響が出る状態を言います。

一般的な金属アレルギーというと、ネックレスやイヤリング・ピアスなどで皮膚がかぶれるというようなイメージが強いかもしれません。

しかし、皮膚がかぶれるのは金属アレルギーの症状のうちのひとつに過ぎず、実は他にもさまざまな症状があるのです。

原因不明のお身体の不調、もしかして金属アレルギーかも!?

金属アレルギーの症状

・蕁麻疹や湿疹がでる

・他のアレルギーが増えた(花粉症・食べ物などでアレルギーがでる)

・金属アクセサリーで皮膚がかぶれる、肌着がふれている箇所がよくかゆくなる。

・ピアスのあけた穴が化膿しやすい。

・頭痛やめまいがよく起こる

・肩こり、疲労、なんとなく体調不良である。

・集中力や記憶力の低下、物忘れが増える

・歯科の治療後に体調が悪化した。(銀歯をいれた。インプラント治療をうけた。義歯を作った。)

これらの症状の原因に、実は歯科治療によって入れたお口の中の金属の可能性が否定できません

金属アレルギーを多く起こす元素は下記の図に示しますが、これらの多くは歯科治療で一般的に使われている金属です。

歯科から始まる金属アレルギー

金属アレルギーで本当に怖いのは、皮膚の表層にでるものではなく、歯の詰め物などの金属が体内に蓄積して炎症を起こす、体内で起きる金属アレルギーなのです。

お口の中の金属というのは、常に唾液にさらされています。食事やお話をするたびに、歯がこすれて金属には負荷がかかります。

その結果、金属は溶出し、体内に少しずつ流れ込み、多くは対外へと排出されるかもしれませんが、一部は徐々に体内へ蓄積されていくことになります。

金属が身体の中に貯留すると炎症を起こし、何かの拍子に突然体調不良を起こすことがあるとも言われます。

この体内の炎症によって身体にはさまざまな異変が生じる可能性がありますが、「皮膚がかぶれる」等の一般的な症状でないため、その症状の原因が金属だと気付かないこともあるかもしれません。

そのため、原因と効果的な治療方法が分からず、根本的な解決には結びつかないこともおそらく少なくはありません。もっと言うと、身体の不調の原因が金属だと分かったとしても、体内に蓄積した金属は除去することが極めて困難になります。

安易に歯科治療で金属を入れることにより、気づかないうちに体内で炎症を起こし、将来的に身体に異変が起きる可能性は否定できません。

ちなみに日本以外の歯科先進国で銀歯を用いて治療する国はほとんどありません。保険治療で用いる銀歯に使われる「12%金銀パラジウム合金」は、ヨーロッパでは金属アレルギーなど身体への悪影響をおよぼす可能性があるとして、歯科での使用を禁止している国もあります。実際に、「パラジウムフリー=パラジウムが入っていないので安全です」といった広告もあるくらい、パラジウムは身体に良くない金属として広く認識されています。


12%金銀パラジウム合金には、金12%・パラジウム20%・銀50%・銅16%・その他2%(亜鉛、インジウ、イリジウム等)という割合で金属が配合されています。歯科用合金は口の中で機能しますので金、白金、パラジウムの貴金属が75%以上含まれていないと化学的に安定せず口の中で溶けだす危険性があると言われています。日本のJIS規格ではこの金銀パラジウム合金には約30%しか貴金属が含有されていません。そのため口の中で金銀パラジウム合金が腐食し溶け出しやすいということは、意外と知られていないのかもしれません。

ちなみに金銀パラジウム合金は、1961年に日本独自の国民皆保険が導入された際にまだ戦後の貧しかった経済状況下で当時安価であったために導入された、歯科医学的には推奨できない代用合金です。当時、国は「銅亜鉛合金」を保険診療の中に組み込もうとしたようですが、あまりにもカラダに害のある金属だったため「歯科用金属規格委員会」は総医療費や日本の経済力からみて、貴金属に替わる安価な代用金属として開発された12%金銀パラジウム合金をもって許容限界とし、出来るだけ早い時期に「金合金」へ移行すべきであることを委員会報告書で発表しました。しかし…時は過ぎ、いつの間にかそのことは忘れ去られ、現代に至っているというのが現状です。

また、以前はアマルガムという身体に有害な水銀を含む金属が歯科治療の詰め物として多く使われていました。そのため、現在40代以上の方のお口には、いまだにアマルガムが入っている場合が多いです。

もし私自身が治療を受ける場合、あるいは家族に治療を行う場合、これら金銀パラジウム合金やアマルガムなどの類の金属は絶対に選択しません。選択するとしたら、化学的に安定し、生体親和性が高く、なおかつ加工精度も高い材料を選択します。セラミックを用いた治療は患者様が一番分かりやすいところで言えば「見た目が美しい」ということになりますが、実は見た目以上に身体にとって優しい材料選択をすることが何より大切な事だと考えております。

金属アレルギーかも?と思われた方や、歯科の治療内容・修復材料でお悩みがある方は、一度ご相談下さい。

関連記事

  • Category

  • 人気記事(閲覧数)

  • Archive

  • to top