京都府長岡京市の歯科・歯医者「おだに歯科クリニック」の症例ページです。

文字サイズ
  • ご予約・お問い合わせ075-925-9959 9:00~13:00 / 14:00~18:00(休診日:日・月・祝)
    ※休診日は学会・セミナー等で変更となる場合がございます
  • ご予約・お問い合わせ

MENU

奥歯2本欠損に対するインプラント症例

院長小谷が担当した治療例を紹介させて頂きます。

こちらの患者様は虫歯により歯が劣化し、予後不良のために抜歯した60代の女性です。

かみ合わせのお力が強く、2本の欠損に対するブリッジ治療は設計的に歯への負担が大きくなることを話し合い、インプラント治療を行うこととなりました。CT検査、診断:1.1万円

一次オペ料:11万円(税込)

 ※同時に複数本埋入する場合は2本目以降 5.5万円/本(税込)

インプラント体:14.3万円/本(税込)

手術後、痛みや違和感、出血、腫れなどが出る可能性があります。

インプラントが骨と結合するタイミングまで待ってから、歯ぐきを切開して仮のアバットメントを装着します。そして仮歯を入れ、お口の中のリハビリを開始します。

この症例においては、歯ぐきを切開してズラして縫合することでインプラント周囲の歯ぐきを失わない方法(歯肉弁根尖側移動術)を採用しております。

二次手術料:4.4万円/本(税込)

オプション:歯肉弁根尖側移動術 1.1万円/本(税込)

手術後、痛みや違和感、出血、腫れなどが出る可能性があります。

貴和会歯科診療所にて院長小谷が担当した治療例

インプラント上部構造(かぶせ物)を作製して装着します。調整を行い、インプラント治療が終了します。

フルジルコニア最終上部構造(スクリュー)の場合:13.2万円/本(税込)

ジルコニアセラミックス最終上部構造(スクリュー)の場合:17.6万円/本(税込)

※上部構造の材質に関しては、ご相談の上で患者様にご選択頂きます。

細かい設計は欠損部の状況やかみ合わせの状況に合わせて、清掃性と機能性を優先した設計を第一にプランニングしていきます。

貴和会歯科診療所にて院長小谷が担当した治療例

こちらは小臼歯と大臼歯の2本欠損ですが、大臼歯の奥寄りにインプラントを配置することで物づまりしにくく清掃しやすい形態を目指しました。

貴和会歯科診療所にて院長小谷が担当した治療例

こちらは小臼歯1本と大臼歯1本の欠損に対して、相手の歯とのかみ合わせのバランスから、小臼歯3本のブリッジの形態を取ることとしました。

<上部構造に起こりうるリスク>

必ずしもご希望通りの見た目にならない事があります。

強い衝撃を与えると、かぶせ物が割れたり、上部構造を固定するネジが緩んだりする事があります。

メンテナンスが不十分な場合、インプラント周囲炎になる事があります。

<奥歯2本欠損に対するインプラント治療総額の目安>

81.4万円(税込)〜

当院インプラントページはこちら>>>

当院は阪急京都線西山天王山駅徒歩2分、京都縦貫道長岡京インター目の前の立地のため、長岡京市、大山崎町、京都市、向日市、亀岡市、宇治市、城陽市、綾部市、福知山市、高槻市、島本町、枚方市、茨木市、大阪市その他、広域からの来院が可能となっております。

関連記事

  • Category

  • 人気記事(閲覧数)

  • Archive

  • to top